株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2019年06月14日

【株式市場】自社株買い銘柄など強く日経平均は朝方を下値に回復し堅調

◆日経平均は2万1087円10銭(55円10銭高)、TOPIXは1545.62ポイント(4.12ポイント高)、出来高概算(東証1部)は6億2178万株

チャート13 6月14日(金)前場の東京株式市場は、取引開始と同時にSQ(先物、オプションの清算値・行使価格)算出に絡む売買注文が流入し、日経平均は48円高で寄った後60円82銭安(2万971円18銭)まで軟化した。しかし、結局これが前場の安値になった。ファナック<6954>(東1)が一時マイナスになった程度で切り返すなど、日経225構成銘柄が総じて強い印象で、日経平均も9時半頃からは堅調になり、11時前には85円41銭高(2万1117円41銭)まで上げた。前引けも55円10銭高(2万1087円10銭)となった。東証2部指数、マザーズ指数、日経JASDAQ平均もしっかり。

 自社株買いを発表したビューティガレージ<3180>(東1)が東証1部銘柄の値上がり率トップとなり、12日に発表したエフティグループ<2763>(JQS)も続伸。日本アビオニクス<6946>(東2)は中東でのタンカー攻撃やエボラ出血熱発生の報道が買い材料とされて急伸。ジェイテックコーポレーション<3446>(東マ)は光学素子開発などの新事業開始が注目されて急伸。

 SQ推計値は前日比28円56銭高の2万1060円56銭になったもようと伝えられた。

 東証1部の出来高概算は6億2178万株、売買代金は1兆1925億円。1部上場2142銘柄のうち、値上がり銘柄数は1371銘柄、値下がり銘柄数は666銘柄となった。(HC)
◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:10 | 今日のマーケット