IRセミナー
11/19(火)=ピックルスコーポ、GMOクラウド、Lib Work

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2019年06月17日

【株式市場】円安再燃し日経平均は中盤から強含んで堅調、TOPIXは小安い

◆日経平均は2万1136円49銭(19円60銭高)、TOPIXは1542.90ポイント(3.81ポイント安)、出来高概算(東証1部)は4億4483万株

チャート6 6月17日(月)前場の東京株式市場は、円相場が前週末に比べ対ドルで30銭前後の円安で始まったあと円安基調を強める場面があり、トヨタ自動車<7203>(東1)は小安く始まったあと次第に強含んだ。日経平均は21円安で始まったあと持ち直し、10時半頃から堅調に転換。11時前には68円36銭高(2万1185円25銭)まで上げた。前引けは19円60銭高(2万1136円49銭)だった。日経JASDAQ平均もしっかり。半面、東証2部指数、マザーズ指数は小安い。

 フリービット<3843>(東1)が前週末発表の4月決算と今期見通しなどを材料に一段高となり、ラクーンHD<3031>(東1)は13日発表の決算などへの評価が再燃とされて急反発。リミックスポイント<3825>(東2)はビットコイン相場高が材料視されて高い。モルフォ<3653>(東マ)は前週末発表の四半期決算などが注目されて高い。

 東証1部の出来高概算は少なく4億4483万株、売買代金は7710億円。1部上場2143銘柄のうち、値上がり銘柄数は643銘柄、値下がり銘柄数は1386銘柄となった。(HC)
◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:12 | 今日のマーケット