IRセミナー
11/19(火)=ピックルスコーポ、GMOクラウド、Lib Work

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2019年06月19日

【銘柄フラッシュ】三桜工業、クボテック、アイ・ピー・エスはストップ高、クオールホールディングス、ジャパンディスプレイが高い

 東証1部値上がり率ランキング第1位は、グローバル自動車部品メーカーの三桜工業<6584>(東1)で、80円高(19.9%高)の482円と3日ぶりに急反発しストップ高した。米スタートアップと次世代電池「全固体電池」を共同開発し、年内にも試作品の検証に入ると日本経済新聞で紹介されたことを材料視した。

 東証1部値上がり率ランキング第2位は、画像検査装置のクボテック<7709>(東1)で、80円高(18.35%高)の516円と続急伸し、ストップ高となった。次世代フライヤー蓄電システムへの期待が再燃したとみられる。

 東証1部値上がり率ランキング第3位は、調剤薬局を手がけるクオールホールディングス<3034>(東1)で、191円(12.99%)高の1661円と5営業日ぶりに急反発した。18日大引け後に発表の自社株買い発表を好感した。

 東証1部値上がり率ランキング第5位は、液晶パネル大手のジャパンディスプレイ<6740>(東1)で、6円(10.91%)高の61円と続伸している。ウォール・ストリート・ジャーナル電子版で米アップル社が債権の一部放棄や最大200億円の資金支援を検討しているとの報道を材料視した。

 東証1部値上がり率ランキング第6位は、証券で国内最大手の野村ホールディングス<8604>(東1)で、36円高(10.54%高)の377.5円と急反発した。18日大引け後に発表の自社株買い発表を好感した。

 東証マザーズ値上がり率ランキング第1位は、英語関連事業を運営するレアジョブ<6096>(東マ)で、302円高(18.88%高)の1902円と急続伸した。本日午後発表の子会社がNTT西日本と協業したことを材料視した。

 東証マザーズ値上がり率ランキング第3位は、国内外通信事業者への国際通信ネットワークを提供するアイ・ピー・エス<4390>(東マ)で、150円高(15.65%高)の1108円とストップ高し急反発した。本日(19日)12時20分に発表した「マニラ高架鉄道MRT3号線に5G基地局設置」を好感して後場急伸した。

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 15:32 | 株式投資ニュース