株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2019年06月26日

ピックルスコーポレーションが急伸、新工場効果などで第1四半期の営業利益79%増加

■北海道から九州までの全国ネットが強化され新規開拓など進む

 ピックルスコーポレーション<2925>(東1)は6月26日、急伸し、取引開始後に16%高の2350円(323円高)まで上げて約2ヵ月ぶりに年初来の高値を更新した。25日の取引終了後に第1四半期の連結決算(2019年3〜5月)を発表し、営業利益が前年同期比79.3%増の7.45億円となるなど、各利益とも大幅に増加し注目集中となった。

 佐賀工場が稼働から1年を経過し生産が本格化したことで効率化が進み、また、北海道から九州までの全国に展開するネットワークが強化され、全国ネットワークを活用した新規取引先の開拓などが進んだ。2月通期の連結業績見通しは据え置き、営業利益は12.1%増の15.80億円、純利益は13.0%増の10.40億円、1株利益は162円59銭。

 しかし、進捗率を見ると、売上高は24.9%(前年同期は24.6%)、営業利益は47.2%(同29.5%)、純利益は50.7%(同25.3%)。利益面での進展の速さが注目される。(HC)
◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:13 | 株式投資ニュース