株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2019年06月27日

ユニオンツールが、出直り拡大、中国ファーウェイへの出荷一部再開など材料視

■スマートフォン関連需要の回復に期待が拡がり3000円の大台回復

 ユニオンツール<6278>(東1)は6月27日、大きな値動きを見せて出直りを強め、14時過ぎには7%高の3000円(194円高)前後で推移。取引時間中としては5月7日以来の3000円台回復となっている。プリント配板用PCBドリルや超硬工具を手掛け、米社が中国ファーウェイへの出荷を一部再開したと伝えられたため、スマートフォン関連需要の回復に期待が出たとの見方がある。

 米マイクロン・テクノロジーが一部製品の中国ファーウェイへの出荷を再開したと25日に伝えられた。今期・2020年3月期の連結業績見通しは5月13日に開示し、営業利益が前期比33%減、純利益も同26%減、などとする。株価は同月末にかけて一段字種を探ったが、6月初の2554円を下値に回復傾向に転換。業績面の重さは消化済みになったようだ。(HC)

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:23 | 株式投資ニュース