【企業の将来が見える個人投資家向けIRセミナー開催】
8月27日(火)立花エレテック、中本パックス、ファンデリー
9月2日(月)クレスコ、プレミアG、トレジャーF

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2019年08月13日

メディカル・データ・ビジョンの第2四半期業績は「データ利活用サービス」牽引し大幅黒字化

■営業最高益だが戦略事業の「CADA−BOX(カーダボックス)」拡大には時間も

 メディカル・データ・ビジョン<3902>(東1)の2019年12月期・第2四半期連結決算(19年1〜6月累計)は、医療ビッグデータ(診療情報)を分析して提供する「データ利活用サービス」の売上高が前年同期比40.3%増加するなどで、連結売上高は前年同期比21.3%増の17.86億円となり、営業利益は2.70億円となり前年同期比で黒字に転換。売上高、営業利益は、第2四半期としての過去最高を更新した。親会社株主に帰属する四半期純利益も黒字に転換し1.73億円となった。

■「データ利活用サービス」は40%増加し「データネットワークサービス」は2%増加

 同社の事業は、「データネットワークサービス」と「データ利活用サービス」の2つの柱で構成されており、「データ利活用サービス」を行うために「データネットワークサービス」により医療・健康情報を集積する形になっている。当第2四半期は「データ利活用サービス」が業績を牽引する形になり、その土台ともいうべき「データネットワークサービス」の売上高は同1.5%の増加だった。

■「CADA−BOX」もう少し導入が増えれば「爆発的普及期」に移行も

 今期は、2つの大きな事業目標を掲げており、一つは、「データネットワークサービス」の中の次世代戦略システムである「CADA−BOX」(カーダ・ボックス:患者自身が診療情報の一部を保管・閲覧できるWEBサービス「カルテコ」と医療費の後払いサービス「CADA決済」を電子カルテと連携させた病院向けITシステム)の受注拡大。もうひとつは、医師ネットワーク事業の子会社Doctorbook(ドクターブック)などの重点子会社の黒字化、だ。

 この2大目標のうち、「CADA−BOX(カーダ・ボックス)」の受注拡大については、期初に今期の新規受注目標を22病院としたが、第2四半期累計期間での新規受注は2(1病院+1団体)にとどまった。第2四半期末での累計導入数は8病院(稼動済み:7病院、稼動準備中:1病院)+1団体。患者側の利便性をも大きく向上させた革新的ITシステムのため、もう少し導入数が増えれば「爆発的普及期」に発展するとみられるが、調査筋からは、それにはまだ時間を要するとの見方が出ている。

 今期・19年12月期の連結業績見通しは従来予想を据え置き、売上高は42.50億円(前期比18.8%の増加)、営業利益は5.00億円(同42.2%の増加)、親会社株主に帰属する当期純利益は2.79億円(同約4倍)、1株利益は6円98銭。

 「CADA−BOX」の展開状況は、現段階では目標から果てしなくかけ離れている状態だが、それだけに、進展が見られれば株価にとっても大きな支援材料になる可能性がある。(HC)

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:00 | 決算発表記事情報