株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2019年08月14日

アイビーシーの9月期第3四半期連結業績は営業利益81百万円で着地

■19年9月期は大幅増収増益を見込む

 アイビーシー<3920>(東1)は13日、19年9月期第3四半期連結業績を発表した。
 
 同社は子会社iChainを新規連結して今第1四半期から連結決算に移行したことで、対前年同四半期増減率についての記載はしていない。第3四半期連結の売上高が12億74百万円、営業利益が81百万円、経常利益が69百万円、四半期純利益が26百万円となった。

 主力のライセンスの販売では、売上高が6億87百万円(前年同期比7.6%増)となった。System Answer G2からG3への切り替え案件や新規大型案件により堅調に推移した。

 サービスの提供では、売上高が1億98百万円(同42.5%増)となった。ライセンス販売の受注に伴い発生する構築・運用サポート対応により大幅に増加した。

 その他物販については売上高が3億14百万円(同2.3倍)となった。「System Answerシリーズ」の提案の一環としてネットワーク周辺機器の引き合いが大幅に増加した。

 一方で、その他物販等などの売上増に伴い売上原価が増加し、人的リソース増強により販売費及び一般管理費が増加した。

 19年9月期連結業績予想は、売上高が18億37百万円、営業利益が2億77百万円、経常利益が2億76百万円、純利益が1億86百万円としている。18年9月期の非連結業績比較で売上高は42.4%増収、営業利益は37.2%増益、経常利益は34.6%増益、純利益は31.1%増益となり、大幅増収増益予想である。




◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 06:10 | 決算発表記事情報