株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2019年09月10日

凸版印刷が年初来の高値に進む、日体大と効率的なトレーニング方法を共同開発へ

■トップアスリートの動作を解析し個人に最適なトレーニング法を研究

 凸版印刷<7911>(東1)は9月10日、一段高で始まり、取引開始後に1832円(19円高)まで上げて約6ヵ月ぶりに年初来の高値を更新した。9日付で、日本体育大学(具志堅幸司学長、日体大)と、世界初となるトップアスリートの動作解析データを基に個人に合わせた最適な動作トレーニング法を提供する「標準動作モデルを用いたループ型動作トレーニングシステム」の共同研究を開始すると発表し、注目されている。

 発表によると、まず、日体大がアスリートをモーションキャプチャし、効率的で身体への負担が少ない標準動作モデルを作成するとともに、コーチのトレーニング方法をデータベース化する。凸版印刷は、標準動作モデルと運動者を比較し、改善点を抽出するための可視化技術を開発する。

 こうした共同研究により、スポーツにおける効率的で身体への負担が少ない動作トレーニングを実現するとともに、本システムを活用して指導者のスキル向上や教育現場での活用による子どもの能力の向上、高齢者の健康増進に貢献するとともにスポーツ市場の活性化をはかる。(HC)
◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:35 | 材料でみる株価