株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2019年09月10日

小池都知事が駅のホームドアに補助と伝わりナブテスコなど高い

■スパンクリートコーポは床材で関連するとされ一時ストップ高

 ナブテスコ<6268>(東1)は9月10日、3335円(75円高)まで上げて戻り高値を更新し、後場、13時現在も3300円前後で堅調に推移している。「自動ドア・プラットホームドア」の大手で、東京都の小池知事が9日の都議会で、「都内の鉄道の駅でホームドアの整備をさらに進めるため、都が費用の一部を事業者に補助する制度の対象を拡大し、整備を促す考えを示した」(NHKニュースWEB2019年9月9日20時31分より)と伝えられ、材料視された。

 駅のホームドアに関連する銘柄としては、ホームに設備などを設置する際の基礎工事などで先行する東鉄工業<1835>(東1)が後場3150円(55円高)まで上げて本日の現在高に進み、電源装置などの京三製作所<6742>(東1)は一時357円(4円高)、自動制御システムなどの高見沢サイバネティックス<6424>(JQS)は一時1303円(38円高)。一方、スパンクリートコーポレーション<5277>(JQS)は床材で関連するとの見方があり急伸し、一時ストップ高の456円(80円高)まで上げた。(HC)
◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:14 | 株式投資ニュース