株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2019年09月13日

シルバーライフの19年7月期業績は各事業好調で増収・大幅増益

■1対2の株式分割を発表

 シルバーライフ<9262>(東マ)は12日、19年7月期業績(非連結)を発表し、売上高が78億円(前期比19.1%増)、営業利益が8億85百万円(同47.6%増)、経常利益が10億02百万円(同47.9%増)、純利益が6億35百万円(同47.3%増)だった。

 販売区分別の業績を見ると、FC加盟店向け販売では、「まごころ弁当」及び「配食のふれ愛」の2ブランドによる積極的な店舗展開により、店舗数は18年7月期末より103店舗増加し、729店舗となった。売上高は56億09百万円(前期比17.4%増)となった。

 高齢者施設等向け食材販売サービスの「まごころ食材サービス」では、介護報酬削減の影響により、民間配食業者への効率的な食材販売サービスへの需要が高まり、売上高は12億58百万(同14.5%増)となった。

 OEM販売では、18年7月期に開拓したOEM先及び19年7月期に新たに加わったOEM先の売上が寄与した。また、19年7月期に開始した製造冷凍弁当の直接販売では、自社でのEC販売も開始している。売上高は9億32百万(同39.4%増)となった。

 2020年7月期の業績予想は、売上高が前期比13.2%増の88億30百万円、営業利益が同11.8%増の9億90百万円、経常利益が同6.8%増の10億70百万円、純利益が同5.4%増の6億70百万円としており、増収増益を見込んでいる。

 なお、同時に9月30日を基準日として、同日最終の株主名簿に記載または記録された株主の所有普通株式1株につき、2株の割合をもって分割すると発表した。投資単位当たりの金額を引き下げることで投資しやすい環境を整え、投資家層の拡大と株式の流動性の向上を図ることを目的としている。

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 08:19 | IR企業情報