株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2019年09月13日

セコムが一段高で始まる、5Gを活用した国内初のスタジアム警備などに注目再燃

■約2ヵ月ぶりに9500円の大台を回復

 セコム<9735>(東1)は9月13日、一段高で始まり、取引開始後に9509円(126円高)まで上げ、6月以来約2ヵ月ぶりに9500円の大台を回復した。証券会社による投資判断が出ている模様とされるほか、KDDI<9433>(東1)グループと共同で、「国内初、5Gを活用したスタジアム警備の実証実験に成功」と8月中旬に発表したことなどが株価材料として蒸し返されているようだ。

 8月19日付で、東大阪市の協力のもと、東大阪市花園ラグビー場(以下、花園ラグビー場)において、国内で初となる第5世代移動通信システム「5G」(以下5G)を活用した、AI・スマートドローン(注2)・ロボット・警備員が装備したカメラによる、スタジアム周辺の警備の実証実験(以下、本実証実験)に成功と発表した。

 人物の行動認識では、検出した人物の18カ所の骨格点を深層学習により抽出し、骨格の動きから人物の詳細な動きを認識。これにより、不審者の発見や、体調が悪く倒れてしまった方、暴動が発生していることなど、AIがリアルタイムに異常を認識することが可能とした。(HC)

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:25 | 材料でみる株価