株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2019年09月13日

大手不動産株が軒並み高い、ECBの利下げ受け米、日の金融政策に期待強まる

■金利低下が追い風になる業種・銘柄と位置付けられ思惑買いが流入の見方

 三井不動産<8801>(東1)は9月13日、大きく出直り、10時30分にかけては4%高に迫る2560.0円(89.0円高)前後で推移している。三菱地所<8802>(東1)は2%高の2074.5円(44.0円高)前後で推移し、住友不動産<8830>(東1)は2%高に迫る3998円(62円高)の現在高。

 金利低下が追い風になる業種、銘柄と位置付けられ、日本時間の12日夜、ECB(欧州中央銀行)が3年半ぶりに利下げを実施したことを受け、9月17〜18日に予定される米国の金融政策決定会合(FOMC)、同じく18〜19日に予定される日銀の金融政策決定会合に向て期待が強まったようだ。(HC)
◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:44 | 材料でみる株価