株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2019年09月13日

セルシードは台湾での合弁会社設立契約を4者間で締結、概要が決定

■合弁会社に新たに2人が資本参加

 セルシード<7776>(JQG)は、8月14日付「合弁会社設立に関する基本合意書締結のお知らせ」で、三顧股份有限公司(メタテック社)(台湾 新北市)と台湾での合弁契約の設立について合意した旨を公表していたが、本日、メタテック社に加え、新たに 陳宗基氏(Chen,Tsung−Chi)及び杜元坤氏(Dr.TU)を契約当事者(出資者)とする、合弁契約を4者間で締結したと発表した。また、設立する合弁会社における未定であった概要が決定した。

 今回、新たにChen,Tsung−Chi(台湾 貝コ比修投資有限公司 董事長) 及び Dr.TU(台湾 財団法人義大病院 院長)が資本参加する合弁契約を締結して、資本のさらなる充実を図るとともに、両氏の専門分野における知見・経験を最大限活用することによって、合弁会社の早期事業化の実現を目指すとしている。合弁会社の事業開始は2020年4月を予定。

【合弁会社の概要】
(1)名 称:日生細胞生技股份有限公司(英語名:Up Cell Biomedical Co.)
(2)所 在 地:台北市
(3)代 表 者:メタテック社 董事長 胡立三
(4)事業内容:台湾・日本の大学等のシーズをベースとした細胞シート再生医療事業の研究開発及び事業化
(5)資 本 金:130,000,000台湾ドル(設立時)
(6)設立年月日:2019年9月(予定)
(7)決 算 期:12月期
(8)出資比率:セルシード25.38%、メタテック社25.38%、Chen,Tsung−Chi26.15%、Dr.TU23.07%

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 18:20 | 株式投資ニュース