株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2019年10月09日

昭栄薬品は戻り試す

 昭栄薬品<3537>(JQ)は、オレオケミカルや界面活性剤などを主力とする専門商社である。20年3月期利益横ばい予想である。第1四半期が大幅減益のため通期下振れに注意必要だが、下期の挽回を期待したい。株価は年初来安値圏から急反発している。自律調整を交えながら戻りを試す展開を期待したい。

■界面活性剤を主力とする専門商社

 オレオケミカル(天然油脂由来の油脂化学品)や界面活性剤を主力とする専門商社である。セグメント区分は化学品事業、日用品事業、土木建設資材事業としている。

■20年3月期利益横ばい予想

 20年3月期連結業績予想は売上高が19年3月期比3.8%増の208億69百万円、営業利益が2.4%増の2億80百万円、経常利益が0.3%増の4億12百万円、純利益が0.1%増の2億73百万円としている。

 第1四半期は、売上高が前年同期比16.4%減の44億97百万円、営業利益が65.5%減の29百万円だった。主力の化学品事業が低調で大幅減収減益だった。通期予想は下振れに注意必要だが、下期の挽回を期待したい。

■株価は戻り試す

 株価は年初来安値圏から急反発している。自律調整を交えながら戻りを試す展開を期待したい。10月8日の終値は940円、時価総額は約34億円である。


◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 05:27 | 株式投資ニュース