株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2019年10月10日

【株式市場】日経平均は堅調で反発したがTOPIXは戻しきれず小幅続落

◆日経平均は2万1551円98銭(95円60銭高)、TOPIXは1581.42ポイント(0.28ポイント安)、出来高概算(東証1部)は10億6911万株

チャート4 10月10日(木)後場の東京株式市場は、日経平均が79円高で始まった一方、TOPIXは引き続き小安く始まり、時価総額型銘柄が重い印象。中で、中東発アジア向けタンカー運賃指数の上昇傾向が言われて日本郵船<9101>(東1)などの海運株が一段とジリ高基調になり、9日に四半期決算を発表したイオン<8267>(東1)は前場の高値圏で値を保った。日経平均は小動きだったが前日比で反発した。一方、TOPIXは大引けにかけて引き締まったが小幅続落となった。

 後場は、中国ファーウェイ向け禁輸の一部緩和観測などを受けて信越化学工業<4063>(東1)が一段とジリ高になり、日本電気硝子<5214>(東1)は13時にAR(拡張現実)やMR(複合現実)向けの高機能スマートグラス用基板ガラスの開発に成功と発表してから一段高。イトーヨーギョー<5287>(東2)は引き続き電線地中化・無電柱化政策への期待で3日連続ストップ高。トランザス<6696>(東マ)は引き続き凸版印刷<7911>(東1)と共同でホテル向けインフォメーションサービスの提供を開始することなどが材料視されて大幅続伸。

 東証1部の出来高概算は10億6911万株(前引けは5億5927万株)、売買代金は1兆8158億円(同9265億円)。1部上場2153銘柄のうち、値上がり銘柄数は595(同622)銘柄、値下がり銘柄数は1458(同1428)銘柄。

 また、東証33業種別指数で値上がりした業種は18業種(前引けは13業種)となり、海運、証券・商品先物、化学、ガラス・土石、鉄鋼、小売り、パルプ・紙、などが高い。(HC)
◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:51 | 今日のマーケット