IRセミナー
12/3(火)=アイリックコーポ、Delta−Fly

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2019年11月08日

うかいの第2四半期は、物販事業が好調で増収増益

■事業本部、文化事業ともに増収

 うかい<7621>(JQS)の第2四半期は、物販事業が好調で増収増益となった。

 事業本部において、前期より継続している和食郊外店の客足の伸び悩みもあったが、物販事業が好調なことから、売上高は63億48百万円(前年同四半期比2.8%増)となった。

 文化事業は『箱根ガラスの森』において2019年4月から11月まで「2019年特別企画−アドリア海の新しい風、芸術と技の結晶− ピカソ・シャガールたちのヴェネチアングラス彫刻展」を開催している。この特別企画展を柱に、様々な企画展やイベントを開催し好評なことから、売上高は6億28百万円(同6.5%増)となった。

 その結果、20年3月期第2四半期業績は、売上高69億77百万円(前年同期比3.2%増)、営業利益29百万円(同501.9%増)、経常利益11百万円(前年同期△17百万円)、純利益16百万円(同△26百万円)であった。

 第2四半期は順調であったものの、10月12日に首都圏に上陸した台風第19号の影響により、うかい鳥山が、臨時休業を余儀なくされるという被害が発生したが、現時点では一部を除き営業を再開している。同社では、業績に与える影響については現在精査中で、今後、業績への影響が見込まれるので確定し次第、速やかに開示するとしている。

 そのような状況であるが、通期業績予想は、当初予想を据え置いている。

 ちなみに、20年3月期通期業績予想は、売上高142億03百万円(前期比2.1%増)、営業利益2億80百万円(同22.7%増)、経常利益2億56百万円(同30.1%増)、純利益1億31百万円(同35.7%増)を見込む。

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 06:00 | 決算発表記事情報