IRセミナー
12/3(火)=アイリックコーポ、Delta−Fly

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2019年11月11日

東京衡機は下値切り上げ、20年2月期減益予想だが上振れ余地

 東京衡機<7719>(東1)は試験機事業を主力としている。20年2月期は減益予想だが、第2四半期累計は大幅増収増益だった。通期上振れ余地がありそうだ。株価は急動意の場面を交えながら下値を切り上げている。戻りを試す展開を期待したい。

■試験機が主力

 試験機事業(材料試験器、構造物試験機、性能試験機、環境試験装置など)を主力として、エンジニアリング事業(ゆるみ止めナット・スプリングなどの締結具事業、商事事業)、海外事業も展開している。

■20年2月期減益予想だが上振れ余地

 20年2月期連結業績予想は、売上高が19年2月期比11.5%増の60億円、営業利益が13.0%減の2億50百万円、経常利益が18.7%減の2億30百万円、純利益が68.7%減の1億70百万円としている。

 第2四半期累計は、売上高が前年同期比25.6%増収、営業利益が49.5%増益だった。エンジニアリング事業が3.0倍増収・2.3倍増益と大幅伸長した。試験機事業は15.2%増収だが18.7%減益だった。海外事業は33.5%減収で赤字拡大した。

 第2四半期累計の進捗率は売上高が51.0%、営業利益が66.8%と高水準である。通期上振れ余地がありそうだ。

■株価は下値切り上げ

 株価は急動意の場面を交えながら下値を切り上げている。戻りを試す展開を期待したい。11月8日の終値は273円、時価総額は約19億円である。

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 05:31 | 株式投資ニュース