株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2019年11月19日

キャンディルは調整一巡、20年9月期増収増益予想

 キャンディル<1446>(東マ)は、住宅市場・商業施設市場を対象に建築サービス関連事業を展開している。19年9月期は増収大幅増益だった。20年3月期も増収増益予想である。収益拡大を期待したい。株価は8月の年初来高値から反落したが、調整一巡して戻りを試す展開を期待したい。

■建築サービス関連事業を展開

 住宅市場・商業施設市場を対象に建築サービス関連事業として、住宅建築途中で発生する傷の修復を行うリペアサービス、住宅引き渡し後のアフター定期点検を行う住環境向け建築サービス、商業施設の内装工事や大手家具メーカーIKEAの日本国内での家具組み立てサービスを行う商環境向け建築サービス、およびリペア材料などの商材販売を展開している。なお季節要因で第3四半期(4〜6月)の売上・利益が小さい傾向がある。

■20年9月期増収増益予想

 19年9月期連結業績は、売上高が18年9月期比7.6%増の131億67百万円、営業利益が15.1%増の4億65百万円、経常利益が31.3%増の4億53百万円、純利益が44.6%増の2億47百万円だった。主力事業の売上が順調に推移(リペアサービス8.8%増収、住環境向け建築サービス0.2%増収、商環境向け建築サービス15.2%増収、商材販売2.2%減収)し、人件費増加などを吸収して大幅増益だった。

 20年9月期連結業績予想は売上高が19年9月期比6.4%増の140億10百万円、営業利益が12.7%増の5億24百万円、経常利益が8.6%増の4億92百万円、純利益が3.5%増の2億56百万円としている。主力事業の売上が順調に推移(リペアサービス4.9%増収、住環境向け建築サービス9.3%増収、商環境向け建築サービス6.9%増収、商材販売1.2%増収)して増収増益予想である。収益拡大を期待したい。

■株価は調整一巡

 株価(19年9月1日付で株式2分割)は8月の年初来高値から反落したが、調整一巡して戻りを試す展開を期待したい。11月18日の終値は717円、時価総額は約74億円である。



◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:51 | 株式投資ニュース