スマートフォン解析
IRセミナー
10/25(水)=メディアグループ 三栄建築設計、CRIミドルウェア

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2007年07月09日

長野計器は青空相場。機械受注好調で続伸に拍車

 長野計器<7715>(東1)は続伸。20円高の3090円で始まり、寄り後は3250円まで買われている。東証1部値上がり率上位にランクインしている。
 とくに材料が出たわけではないが、もともとこの1〜2ヵ月1800円ラインから3000円台へと急伸していた。
 また、今朝は日経平均株価が反発し、85円高の1万8226円で始まった、地合いの良い状態。
 加えて、内閣府が9日発表した5月の機械受注統計が、前月比5.9%増の1兆0717億円となり、2ヵ月連続で増加した。そのため、今朝は精密機械セクターが高い。東証1部業種別株価指数で値上がり率上位となっている。
 長野計器の日足チャートを見ると、連日、上場来高値更新の、青空相場となっている。とはいえ、現在の株価でPERは33倍台、PBRは2.8倍台と、大きな過熱感が出ているわけではない。また、信用残は売り長で、倍率は0.25倍。
 過熱警戒が必要ではあるが、いましばらくは、上昇局面が続くと見た。

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:49 | 株式投資ニュース