株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2019年12月05日

ブランディングテクノロジーは下値切り上げ、20年3月期2桁増益予想

 ブランディングテクノロジー<7067>(東マ)はブランド事業やデジタルマーケティング事業を展開している。20年3月期2桁増益予想である。収益拡大を期待したい。株価は反発力の鈍い展開だが下値を切り上げている。出直りを期待したい。

■ブランド事業やデジタルマーケティング事業を展開

 19年6月東証マザーズに新規上場した。独自の「ブランドファースト」のフレームワークを活用して、中堅・中小企業向けに、オウンドメディア制作・運用やコンテンツ制作などのブランド事業、ネット広告などのデジタルマーケティング事業、Webサイト制作・運用などのオフショア関連事業を展開している。19年9月には識学<7049>と業務提携した。

■20年3月期2桁増益予想

 20年3月期の連結業績予想は、売上高が19年3月期比6.2%増の53億円、営業利益が21.7%増の1億80百万円、経常利益が15.1%増の1億75百万円、純利益が21.4%増の1億16百万円としている。

 各事業が伸長(売上高計画はブランド事業が12.9%増収、デジタルマーケティング事業が3.1%増収、オフショア関連事業が6.0%増収)し、人件費増加などを吸収して2桁増益予想である。

 第2四半期累計は売上高が25億65百万円、営業利益が61百万円だった。既存顧客のアップセールや新規顧客の大型受注などで、売上高、利益とも計画超と順調だった。通期予想に対する進捗率は低水準の形だが、顧客の広告予算が12月から3月に集中するため下期偏重の季節特性がある。通期ベースでも収益拡大を期待したい。

■株価は下値切り上げ

 株価は反発力の鈍い展開だが下値を切り上げている。出直りを期待したい。12月4日の終値は2272円、時価総額は約37億円である。



◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 04:29 | 株式投資ニュース