株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2019年12月05日

CRI・ミドルウェアがパワーポイントで組込み機器のグラフィカルUIなど作成できる「Aeropoint GUI」をリリース

■ルネサス製RXマイコンで動画再生も実現

 CRI・ミドルウェア<3698>(東マ)は12月5日、ルネサス エレクトロニクス<6723>(東1、以下ルネサス)製RXマイコンに最適化した、グラフィカルUIミドルウェア「Aeropoint(エアロポイント)GUI for RX」を同日リリースした。

「組込システム開発のプログラミング要素をPowerPoint(パワーポイント)という使い慣れたツールに置き換える革新的なツール」(ルネサス)になるという。

■使い慣れた「PowerPoint」で組込み機器のグラフィカルUIの部品配置や編集ができる「Aeropoint GUI」を普及価格帯のルネサス製マイコンに対応

 この新製品は、普段から使い慣れた「PowerPoint(パワーポイント)」で、組込み機器のグラフィカルUIの部品配置や編集ができる「Aeropoint GUI」を、普及価格帯のルネサス製32ビットRXマイコンRX65N/RX651に対応した。ソフトウェアだけで高品位な動画再生を実現しただけでなく、少ない色数で、美しい画像を実現し、少ないメモリで、大規模グラフィカルUIを実現した。

 ルネサス エレクトロニクス・IoTプラットフォーム事業部・IoTプロダクトマーケティング第2部・作川守部長は、「組込システム開発におけるプログラミングの要素を、PowerPointという使い慣れたツールに置き換える、業界の常識を覆す革新的なツールです。ユーザはこれによってRXマイコンの持つ高効率なCPUやLCD表示機能を手軽に使うことが可能となり、アプリケーションの開発に注力することができます」と評価した。

 2020年2月14日には、ルネサスで、一般のお客様を対象に「Aeropoint GUI for RX」を使ったGUIの作成をご体験できるハンズオンセミナーを開催する予定。(HC)

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:13 | 新製品&新技術NOW