株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2019年12月06日

日本国土開発は戻り試す、20年5月期大幅減益予想だが保守的

 日本国土開発<1887>(東1)は重機土木工事を得意とするゼネコンで、超高層建築にも参入している。20年5月期大幅減益予想としているが保守的だろう。上振れ余地がありそうだ。株価は11月の戻り高値圏から反落したが、自律調整を交えながら戻りを試す展開を期待したい。

■重機土木工事を得意とするゼネコン

 会社更生手続集結して19年3月東証1部に再上場した。重機土木工事を得意とするゼネコンで、超高層建築にも参入している。

■20年5月期大幅減益予想だが保守的

 20年5月期の連結業績予想は、売上高が19年5月期比4.6%増の1250億円、営業利益が32.8%減の98億円、経常利益が33.4%減の96億円、純利益が22.5%減の81億円としている。震災復興関連工事の減少などで大幅減益予想としている。

 第1四半期は売上高が前年同期比4.6%増収、営業利益が6.8%増益だった。建築事業は一部工事の期ズレなどで損益悪化したが、土木事業の震災復興関連工事の採算性向上が牽引して営業増益だった。通期は大幅減益予想としているが保守的だろう。上振れ余地がありそうだ。

■株価は戻り試す

 株価は11月の戻り高値圏から反落したが、自律調整を交えながら戻りを試す展開を期待したい。12月5日の終値は631円、時価総額は約620億円である。


◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 04:31 | 株式投資ニュース