IRセミナー
1/21(火)=コーア商事ホールディングス、シルバーライフ

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2019年12月06日

クリナップが年初来の高値、業績好調でノーリツのシステムキッチン撤退も材料視

■システムキッチン業界の再編を念頭に思惑を巡らせる動きも

 クリナップ<7955>(東1)は12月6日の後場、一段と強含み、13時過ぎに736円(17円高)まで上げて年初来の高値に進んだ。10月下旬に業績予想の増額修正を発表し、業績の回復が目立つ銘柄のひとつ。また、「師走相場」では、この1年間、大きな相場のなかった銘柄が値動きを活発化させるとの経験則があるようで、注目が強まる様子だ。

 加えて直近は、「ノーリツ風呂釜」のノーリツ<5943>(東1)が「住設システム分野から撤退し、システムキッチン、システムバス、洗面化粧台の開発・生産・販売を2020年6月末に終了」(11月27日発表)などと発表。このため、システムキッチン業界の再編に関する思惑が広がっている。業界大手としてクリナップに思惑買いが入りやすくなってきたとの見方が出ている。なお、ノーリツも事業の選択と集中などが注目されて7%近く上げている。(HC)
◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:30 | 材料でみる株価