株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2019年12月10日

綿半HDの全店は売上・客単価ともに1年間プラスで推移

■暖房用品等は売場の演出強化により好調に

 綿半ホールディングス<3199>(東1)は10日、11月月次(スーパーセンター事業19年11月度の速報値)を発表し、全店売上高は前年同月比115.1%、既存店が98.0%だった。全店では、前年の可児店のオープンセールの影響により客数は前年を下回ったが、アベルネットのグループ入りにより売上・客単価は、12カ月連続で前年を上回った。アベルネットは、通販サイト「PCボンバー」のブランドで家電・パソコン等を競争力のある価格で販売するインターネット通販事業を展開している。

 11月は、暖房用品等の季節用品は売場の演出強化により好調に推移したが、増税後の反動減による日用品のマイナス、生鮮は相場安の影響等により既存店は売上・客数ともに前年を下回った。 また、利益高の向上のためにチラシの削減および商品点数の絞込み等EDLC戦略を引続き推進している。
◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 18:32 | 株式投資ニュース