株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2019年12月25日

ピックルスコーポレーションの第3四半期は原料価格の安定と佐賀工場の本格稼働もあり増収大幅増益

■24日の株価は先回りの買いもあり年初来の高値を付ける

 ピックルスコーポレーション<2925>(東1)の第3四半期は、原料価格の安定と佐賀工場の本格稼働もあり、増収大幅増益となった。

 20年2月期第3四半期連結業績は、売上高314億10百万円(前年同期比1.4%増)、営業利益15億73百万円(同35.6%増)、経常利益16億83百万円(同31.8%増)、純利益11億55百万円(同52.4%増)となった。

 売上高は一桁の増収であったが、利益は原料価格が安定していたことと、佐賀工場が本格稼働したことにより、大幅増益となった。

 第3四半期が順調であったことから、通期業績予想は、当初予想を据え置いている。

 ちなみに、20年2月期連結業績予想は、売上高427億16百万円(前期比5.0%増)、営業利益18億53百万円(同31.4%増)、経常利益19億96百万円(同27.8%増)、純利益13億12百万円(同42.5%増)と増収大幅増益を見込む。

 24日の株価は、第3四半期の好業績を見込んだ先回りの買いもあり、出来高を伴い急上昇し、年初来の高値3260円を付け、3255円(前日比200円高)で引けた。出来高は11万8800株と9月9日以来の10万株を超える大商いとなった。

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:47 | 決算発表記事情報