IRセミナー
2/27(木)=システムサポート、Jトラスト

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2019年12月26日

ソレイジア・ファーマが世界にも類のない独自のDNA/RNA編集技術のベンチャー企業と提携

■九州大学発のベンチャー企業・エディットフォース社

 ソレイジア・ファーマ<4597>(東マ)はこのほど、独自のDNA/RNA編集技術であるPPRタンパク質プラットフォーム技術を有する九州大学発のベンチャー企業、エディットフォース株式会社(本社:福岡市)と、主にがん領域での医薬品の研究・開発を目的として共同研究開発契約を締結した。12月26日の夕方発表した。

■がん領域の中からRNA編集をベースとした医薬品開発を推進

 両社は今後、主として、がん領域の中からRNA編集をベースとした複数プロジェクト(対象疾患×標的遺伝子配列×作用機序)を策定し、当該プロジェクトにおけるPPR(pentatricopeptiderepeat)タンパク質プラットフォーム技術を用いた医薬品開発を推進していく。
 エディットフォースはソレイジアに対して、基盤技術の知的財産権への非独占的な実施権、並びに該当するプロジェクトの独占使用にかかるオプション権を付与し、ソレイジアはエディットフォースに対して、契約一時金と各プロジェクトの開発の進捗に対するマイルストンを支払う。

 ソレイジアは、主としてがん領域のアンメット・メディカルニーズに応えるため、医薬品の開発事業化を推進するスペシャリティー・ファーマであり、すでに複数の医薬品を上市しており、その臨床開発力には定評がある。

 一方、エディットフォースは、世界にも類のない独自のDNA/RNA編集技術(PPRタンパク質プラットフォーム技術)を有するベンチャー企業であり、製薬企業などとの連携を通して、その技術の医薬品開発分野における応用に向けて研究開発を推進している。

 今回、両社は、それぞれの有する知見に基づき、特定のプロジェクト(対象疾患、標的遺伝子配列、並びに作用機序)の研究・開発において、早期の研究開発から臨床開発に至るまでを共同で立案、実施することで、両社にとって創薬パイプライン充実及び研究開発プロセスを効率的に進めることで合意した。(HC)

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:20 | 新製品&新技術NOW