株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2007年07月10日

パラマウントベッドはジリ高。生産ライン再編報道も材料

 パラマウントベッド<7960>(東1)は小反発。4円高の1910円で始まり、寄り後は1933円まで買われている。
 今朝の日経新聞で「医療・介護用ベッド大手のパラマウントベッドは、生産体制を再編する。大平工場(千葉県山武市)の在宅介護用ベッドの生産を、千葉工場(同)に移設。大平工場は閉鎖し、2工場に集約する」「生産ラインの集約で、効率化を進め、コストを削減する狙い」と報道されたことが手がかり材料となっているもようだ。
 チャートを見ると、前期の業績悪化にともない、株価も、今年5月には、2200円ラインから、1800円ラインまで急落。その後、ジリ高で戻しつつある。
 報道によると、2006年4月の介護保険制度改正で、介護用ベッドの需要が落ち込んだため、2007年3月期は前年比減収減益となり、純損益は損失計上となった。
 今期業績は、前々年度並みまでは戻らないものの、回復の見通し。
 業績好転をバネに、急落前の2200円ラインまで戻したいところ。ジリ高とはいえ、現在の株価で、PERは約39倍、PBRは約0.9倍と、割高・過熱感はない。また、信用残は売り長で、倍率は約0.3倍だ。

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:08 | 株式投資ニュース