IRセミナー
2/27(木)=システムサポート、Jトラスト

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2020年01月10日

【新規上場(IPO)銘柄】インティメート・マージャーは今期営業利益53.2%増を見込む、25日移動平均線を突破しリバウンド相場へ

 インティメート・マージャー<7072>(東マ)は、2019年10月24日に東京証券取引所マザーズに上場した。同社は、国内最大級である約4.7億のオーディエンスデータと高度な分析技術を活かした「IM-DMP」の提供・構築、データ活用コンサルテイングなどのデジタルトランスフォーメーションを推進している。国内パブリックDMP市場、4年連続売上シェアナンバーワン。豊富なデータ取集ネットワークにより日本のインターネット人口の約9割のデータ量を実現している。


 同社のデータマネジメントプラットフォーム(DMP)事業では、オーディエンスデータの収集力及び分析力の強化に加えて、他社ツールとの連携数の増加により、プロダクトの強化を図っている。「IM-DMP」を用いたオンラインマーケティングソリューションの拡販に注力、よりスピーディーにデータを活用したマーケティング施策を広めるため、広告代理店と連携した拡販を強化している。

 前2019年9月期業績実績は、売上高21億8800万円(前の期比32.9%増)、営業利益1億4600万円(同78.6%増)、経常利益1億4200万円(同69.7%増)、純利益9600万円(同2.3倍)に着地。

 今20年9月期業績予想は、売上高27億9000万円(前期比27.5%増)、営業利益2億2300万円(同53.2%増)、経常利益2億2300万円(同56.5%増)、純利益1億5200万円(同57.8%増)を見込む。年間配当は無配を予定している。

 株価は、昨年10月25日につけた上場来高値4060円から同11月14日に上場来安値2585円と売られた後、同11月26日高値3225円と上昇。同12月24日安値2630円と下げて下値確認から買い直されている。汎用性の高い「IM-DMP」を活かし、65兆円市場といわれるFin Techなどの巨大市場への進出による成長が期待される。25日移動平均線を突破しており、リバウンド相場入りが期待されそうだ。(株式評論家・信濃川)

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 05:27 | 新規上場(IPO)銘柄