IRセミナー
2/27(木)=システムサポート、Jトラスト

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2020年01月12日

トレジャー・ファクトリーの第3四半期は増収2ケタ増益

■通期では利益面での上振れ余地あり

 トレジャー・ファクトリー<3093>(東1)が属する、中古品小売業界市場は引き続き拡大基調にある。そのような経営環境の中、同社グループは、リユース事業の成長、M&Aによる成長、海外市場での成長、新規事業への投資という4つの成長の柱を掲げ、グループ全体の事業成長に取り組んだ。その結果、20年2月期第3四半期連結業績は、売上高140億61百万円(前年同期比8.1%増)、営業利益7億15百万円(同11.1%増)、経常利益7億71百万円(同14.7%増)、純利益5億27百万円(同19.2%増)となった。

 セグメント別の業績は、リユース事業は、売上高136億43百万円(同5.7%増)、セグメント利益14億88百万円(同11.0%増)となった。

 その他の事業は、売上高4億25百万円(同284.8%増)、セグメント利益56百万円(同99.8%増)であった。

 配当に関しては、事業が順調に進んでいることから、年間18円(前期16円)と2円の増配を予定している。

 通期業績予想については、当初予想を据え置くとしている。

 ちなみに、20年2月期連結業績予想は、売上高197億41百万円(前期比11.3%増)、営業理経9億09百万円(同0.4%増)、経常利益9億48百万円(同0.2%減)、純利益6億26百万円(同10.8%増)を見込む。

 進捗率は、売上高71.2%(前年同期73.4%)、営業利益78.7%(同71.2%)、経常利益81.3%(同70.8%)、純利益84.2%(同78.3%)となっていることから利益面での上振れ余地がある。

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:42 | 決算発表記事情報