株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2020年01月14日

【株式市場】物色人気が好回転し米国株高もあり日経平均は終値で2万4000円台を回復

◆日経平均は2万4025円17銭(174円60銭高)、TOPIXは1740.53ポイント(5.37ポイント高)、出来高概算(東証1部)は12億3406万株

チャート15 1月14日(火)後場の東京株式市場は、イオン<8267>(東1)セブン&アイ・HD<3382>(東1)がジリ高を続け、前場上げたソニー<6758>(東1)などから物色人気が好回転する展開になった。日経平均は129円高で始まり、前場の高値(209円29銭高の2万4059円86銭)は抜けなかったが協調推移。終値での2万4000円台は12月17日以来となった。主な株価指数の中では東証マザーズ指数が安い。

 後場は、久光製薬<4530>(東1)が10日発表の四半期決算などを材料に一段と高値更新の幅を広げ、理経<8226>(東2)は空港や入管などでの暗視システムにかかわるとの見方で一段高。アズーム<3496>(東マ)は月決め駐車場の五輪に向けた繁忙期待などが言われて出直り拡大。

 東証1部の出来高概算は12億3406万株(前引けは6億2751万株)、売買代金は2兆3629億円(同1兆1589億円)。1部上場2160銘柄のうち、値上がり銘柄数は860(同840)銘柄、値下がり銘柄数は1216(同1231)銘柄。

 また、東証33業種別指数は鉱業20業種(前引けは19業種)が値上がりし、値上がり率上位の業種は、鉄鋼、電気機器、情報・通信、化学、非鉄金属、食料品、機械、輸送用機器、保険、などとなった。(HC)
◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:34 | 今日のマーケット