IRセミナー
1/21(火)=コーア商事ホールディングス、シルバーライフ

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2020年01月14日

ナルミヤ・インターナショナルの第3四半期は主軸のショッピングセンター・eコマースの売上高が好調に推移し利益面も伸長

■新規事業のフォトスタジオが堅調に推移

 ベビー・子供服の企画販売を展開するナルミヤ・インターナショナル<9275>(東1)は14日、2020年2月期第3四半期連結業績を発表した。

 連結業績は、昨年3月29日に男児ブランドを展開しているハートフィールを連結子会社化して連結決算となったため、前年同期の個別業績との比較はなく、売上高232億85百万円、営業利益11億17百万円、経常利益10億66百万円、四半期純利益6億14百万円となった。一方、個別業績では、売上高225億66百万円(前年同期比10.6%増)、営業利益11億22百万円(同19.7%増)、経常利益10億85百万円(同30.4%増)、四半期純利益6億41百万円(同41.6%増)と利益を伸ばした。

 同社は、マルチチャンネル・マルチブランド戦略を推進し、主軸のショッピングセンターやeコマースの売上高は好調に推移。直営店舗の出退店は、百貨店ではトドラーブランド 「ANNA SUI mini」などを中心に24店舗出店(23店舗退店)、ショッピングセンターではトドラ ーブランド「petit main」及びジュニアブランド「Lovetoxic」で18店舗出店 (1店舗退店)となった。 既存店舗では、百貨店で展開のトドラーブランド「X−girl STAGES」及びショッピングセンターで展開の「petit main」、「Lovetoxic」がともに堅調な売上で推移している。

 新規事業では、フォトスタジオ事業が堅調に推移し、また、中国事業も現在はライセンス契約のステージだが、堅調な売上推移となっている。

 今2020年2月期連結業績予想は、売上高330億7百万円、営業利益17億12百万円、経常利益16億46百万円、純利益10億7百万円としている。

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:34 | IR企業情報