株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2020年01月20日

【株式市場】新型肺炎の関連株など活況高となり日経平均は小幅高だが2018年10月以来の高値を更新

◆日経平均は2万4083円51銭(42円25銭高)、TOPIXは1744.16ポイント(8.72ポイント高)、出来高概算(東証1部)は8億2112万株

チャート11 1月20日(月)後場の東京株式市場は、中国で発生した新型肺炎の患者を韓国でも確認と伝えられ、マスク素材のダイワボウHD<3107>(東1)シキボウ<3109>(東1)が一段と上げ幅を広げ、防護服のアゼアス<3161>(東2)やマスクの重松製作所<7980>(JQS)はストップ高。一方、日経平均は14時過ぎの66円85銭高(2万4108円11銭)を高値に強もみあいを続けたが、大引けは2018年10月以来の高値を更新した。

 後場は、前田道路<1883>(東1)が一段高となり、11時過ぎに前田建設工業<1824>(東1)と資本関係の解消の提案を発表したことや、その直後に前田建設が全く逆に前田道路へのTOB(株式の公開買付)を発表したことを受け思惑買いが集中。つれて日本道路<1884>(東1)なども急伸。靴のロコンド<3558>(東マ)は2月期の業績への期待が再燃とされて戻り高値。テクノクオーツ<5217>(JQS)は半導体市況の回復などが言われて一段高。

 東証1部の出来高概算は8億2112万株(前引けは4億3543万株)、売買代金は1兆4179億円(同6987億円)。1部上場2160銘柄のうち、値上がり銘柄数は1478(同1629)銘柄、値下がり銘柄数は579(同431)銘柄となった。

 また、東証33業種別指数は30業種(前引けは29業種)が値上がりし、値上がり率上位の業種は、建設、電力・ガス、機械、非鉄金属、ガラス・土石、卸売り、電気機器、倉庫・運輸、輸送用機器、不動産、その他金融、などとなった。(HC)
◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:46 | 今日のマーケット