株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2020年01月22日

【株式市場】半導体関連株が強く日経平均は後場一段と強含んで大きく反発

◆日経平均は2万4031円35銭(166円79銭高)、TOPIXは1744.13ポイント(9.16ポイント高)、出来高概算(東証1部)は10億180万株

 1月22日(水)の東京株式市場は、新型肺炎関連株の重松製作所<7980>(東1)などが取引開始の直後を高値に伸びず、一方で信越化学工業<4063>(東1)東京エレクトロン<8035>(東1)が時間とともに上げ幅を拡大する展開になった。日経平均は朝の33円46銭安(2万3831円10銭)を下値に持ち直して堅調になり、後場は135円高の2万4000円を回復して開始。大引け間際には176円31銭高(2万4040円87銭)まで上げた。大引けもこの高値圏で推移し、21日の218円安から反発した。

 資生堂<4911>(東1)花王<4452>(東1)が前後場ともジリ高基調を続けて前日比で反発し、前田建設工業<1824>(東1)前田道路<1883>(東2)の連結化を目指すTOBが材料視されて高い。衛生材料の川本産業<3604>(東2)は新型肺炎関連株の出遅れアナ株とされストップ高。ジーニー<6562>(東マ)は関西のデジタルマーケティング系展示会に初出展との発表などが注目されて大きく出直り、サンウッド<8903>(JQS)は業績予想の増額修正が好感されてストップ高。

 東証1部の出来高概算は10億180万株(前引けは4憶5952万株)、売買代金は1兆8868億円(同8240億円)。1部上場2159銘柄のうち、値上がり銘柄数は1286(同1353)銘柄、値下がり銘柄数は758(同671)銘柄。

 また、東証33業種別指数は23業種(前引けは18業種)が値上がりし、上がり率の大きい業種は、サービス、化学、精密機器、機械、水産・農林、その他金融、食料品、建設、証券・商品先物、電気機器、保険、などとなった。(HC)
◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:50 | 今日のマーケット