IRセミナー
2/27(木)=システムサポート、Jトラスト

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2020年01月24日

【株式市場】電子部品株や不動産株など強く日経平均は反発、TOPIXは小幅安

◆日経平均は2万3827円18銭(31円74銭高)、TOPIXは1730.44ポイント(0.06ポイント安)、出来高概算(東証1部)は9億6545万株

チャート14 1月24日(金)後場の東京株式市場は、三菱地所<8802>(東1)がジリ高基調を強めて一段高となり、10時に発表した中期計画への注目が強まり、ほかの大手不動産株も一段高。また、半導体・電子部品株の一角もTDK<6762>(東1)などが前場に続いて強かった。日経平均は21円安で始まったが、徐々に持ち直して14時には前場の高値(73円94銭高の2万3869円38銭)に迫り、大引けも堅調で前日比で反発した。TOPIXは大引けにかけて小安くなり2日続落した。

 後場は、リンテック<7966>(東1)が一段ジリ高となり、金属調でいながら透明感ある特殊蒸着ラベル素材を開発と伝えられて活況高。日本食品化工<2892>(東2)は糊(のり)の成分ががん治療に役立つと伝えられたことなどが材料視されて一段高。オンコリスバイオファーマ<4588>(東マ)はライセンス導出先が第2相臨床試験を開始と伝えられて13時前から急動意となり次第高。中京医薬品<4558>(JQS)は中国の新型肺炎を思惑材料に3日連続ストップ高。

 東証1部の出来高概算は9億6545万株(前引けは4億8323万株)、売買代金は1兆8104億円(同8962億円)。1部上場2159銘柄のうち、値上がり銘柄数は524(同550)銘柄、値下がり銘柄数は1536(同1478)銘柄。

 また、東証33業種別指数は13業種(前引けは11業種)が値上がりし、値上がり率上位の業種は、不動産、空運、陸運、サービス、医薬品、石油・石炭、金属製品、機械、電気機器、などとなった。(HC)
◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:40 | 今日のマーケット