IRセミナー
2/27(木)=システムサポート、Jトラスト

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2020年02月13日

【注目株】システムサポートは第2四半期連結業績と共に、自社株買い、株式分割、配当の上方修正を発表

■クラウドシステム導入案件等の受注が拡大

 システムサポート<4396>(東マ)は12日、第2四半期連結業績と共に、自社株買い、株式分割、配当の上方修正を発表。

 今期第2四半期は、2ケタ増収大幅増益と好調に推移した。要因としては、物流業における基幹システム更新案件や、システムの維持運用の効率化に向けたクラウドシステム導入案件等の受注が拡大したことが挙げられる。

 その結果、20年6月期第2四半期連結業績は、売上高65億73百万円(前年同期比18.0%増)、営業利益4億06百万円(同48.0%増)、経常利益3億73百万円(同47.2%増)、純利益2億39百万円(同46.3%増)となった。

 1月22日に第2四半期連結業績予想を上方修正しているように、第2四半期業績は、当初予想を上回って着地した。

 また、同日、自社株買いも発表している。実施日は2月13日で、東京証券取引所の自己株式立会外買付取引で実施する。取得株式数は5万株(上限)、取得価額の総額は1億5000万円(上限)としている。

 同じく、同日に1対2の株式分割も発表し、20年5月31日(日曜日)(実質上5月29日)を基準日としている。

 また、配当については、当初期末配当を6円としていたが、10円に上方修正した。株式分割を実施しているので、実質20円となり、14円の増配となる。

 第2四半期は当初予想を上回る好業績で着地したが、通期連結業績予想は当初予想を据え置いている。

 ちなみに、今期6月期通期連結業績予想は、売上高129億31百万円(前期比9.9%増)、営業利益5億69百万円(同7.5%増)、経常利益5億53百万円(同9.7%増)、純利益3億51百万円(同1.8%増)を見込んでいる。

 進捗率は、売上高50.8%(前年同期比47.3%)、営業利益71.4%(同51.8%)、経常利益67.5%(同50.2%)、純利益68.1%(同47.2%)となっていることから通期の上方修正も予想される。

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 06:10 | 決算発表記事情報