株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2020年02月13日

【株式市場】個別物色になり日経平均は後場一時76円安、マザーズ指数は2日続伸

◆日経平均は2万3827円73銭(33円48銭安)、TOPIXは1713.08ポイント(5.84ポイント安)、出来高概算(東証1部)は12億3541万株

チャート10 2月13日(木)後場の東京株式市場は、引き続き個別物色の展開になり、マクロミル<3978>(東1)が12日発表の四半期決算などを材料にストップ高を続け、システムサポート<4396>(東1)は四半期決算や増配、自社株買い、株式2分割が好感されてストップ高。日経平均は6円安で始まり、14時過ぎに前場の安値を割り76円90銭安(2万3784円31銭)まで軟化し、大引けも小反落となった。

 TOPIX、東証2部指数も小安い。一方、新興市場では東証マザーズ指数が堅調で2日続伸となった。

 後場は、カクヤス<7686>(東2)が一段とジリ高傾向を強め、京写<6837>(JQS)は13時過ぎから急伸してストップ高。

 東証1部の出来高概算は12億3541万株(前引けは6億1698万株)、売買代金は2兆3771億円(同1兆1175億円)。1部上場2159銘柄のうち、値上がり銘柄数は878(同875)銘柄、値下がり銘柄数は1190(同1152)銘柄。

また、東証33業種別指数は12業種(前引けも12業種)が値上がりし、値上がり率上位を見ると、金属製品、空運、石油・石炭、ゴム製品、化学、サービス、となった。(HC)
◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:33 | 今日のマーケット