株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2020年02月13日

星光PMCの19年12月期は、新綜工業が加わったことにより、増収大幅増益

◇利益面においては、8月7日に上方修正された数値をさらに上回って着地

 星光PMC<4963>(東1)の19年12月期は、新綜工業が加わったことにより、増収大幅増益となった。

 19年12月期の業績は好調で、8月7日に第2四半期決算の発表とともに、通期業績予想を修正した。売上高は当初予想を下回るものの、利益面においては上回る見込みとした。しかし、下半期も当初予想を上回るペースで推移し、利益面においては、上方修正された数値をさらに上回って着地した。

 その結果、19年12月期連結業績は、売上高279億70百万円(前年同期比8.0%増)、営業利益27億90百万円(同41.7%増)、経常利益28億39百万円(同36.5%増)、純利益19億61百万円(同25.6%増)と大幅増益となった。

 製紙用薬品事業については、製紙業界は、2019年1月から12月までの紙・板紙の国内生産は2,538万トンと前年同期比2.6%の減少となった。国内市場、中国市場における差別化商品の売上増加に努めたが、中国における売上の減少により、売上高は、170億11百万円(同比1.5%減)、セグメント利益は18億01百万円(同12.1%増)であった。

 樹脂事業では、印刷インキ業界は、2019年1月から12月までの印刷インキの国内生産は31万7千トンと前年同期比4.8%の減少であった。そのような状況において、印刷インキ用樹脂・記録材料用樹脂の売上高は減少したが、新綜工業が連結対象に加わったことにより、売上高は70億55百万円(同37.8%増)、セグメント利益は8億04百万円(同229.8%増)と大幅増収増益となった。

 化成品事業の売上高は、主力製品の輸出売上の増加などにより、39億02百万円(同11.6%増)、セグメント利益は5億43百万円(同29.4%増) と2ケタ増収増益であった。

 20年12月期連結業績予想については、中国で発生したコロナウイルスの影響もあることなどから、売上高286億50百万円(前期比2.4%増)、営業利益27億円(同3.2%減)、経常利益27億60百万円(同2.8%減)、純利益18億60百万円(同5.2%減)を見込んでいる。

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 15:43 | 決算発表記事情報