株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2020年02月17日

新日本製薬は底値圏、20年9月期2桁増益予想で1Q順調

 新日本製薬<4931>(東マ)は、シンプルスキンケアブランド「パーフェクトワン」化粧品を主力としている。20年9月期2桁増益予想である。第1四半期は概ね順調だった。通期も収益拡大を期待したい。株価は反発の動きを強めている。ほぼ底値圏だろう。

■シンプルスキンケアブランド「パーフェクトワン」化粧品が主力

 19年6月東証マザーズに新規上場した。シンプルスキンケアブランド「パーフェクトワン」化粧品を主力として、美と健康に関する商品の研究開発・商品企画・販売を行うファブレスメーカーである。オールインワン美容液ジェルシリーズはオールインワンスキンケア市場における国内売上NO.1商品である。

 19年9月期の売上構成比は、商品別では化粧品が91%、ヘルスケア商品(健康食品・医薬品)が9%、販売チャンネル別では通信販売(EC含む)が92%、直営店舗(12店舗)販売・卸売販売が6%、海外が2%だった。

■20年9月期2桁増益予想で1Q順調

 20年9月期業績(非連結)予想は、売上高が19年9月期比4.3%増の350億円、営業利益が10.0%増の31億50百万円、経常利益が10.7%増の31億30百万円、純利益が10.2%増の20億10百万円としている。

 第1四半期は売上高が87億26百万円、営業利益が6億85百万円で、通期予想に対する進捗率は売上高24.9%、営業利益21.7%と概ね順調だった。通期も収益拡大を期待したい。

■株価は底値圏

 株価は安値を更新する軟調展開だったが、反発の動きを強めている。ほぼ底値圏だろう。2月14日の終値は1343円、時価総額は約290億円である。
◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 06:27 | 株式投資ニュース