株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2020年02月18日

大幸薬品が一段高、新型コロナウイルス肺炎の感染拡大など材料視

■3月末の株式3分割も好感され日増しに値幅を広げる

 大幸薬品<4574>(東1)は2月18日も一段高で始まり、取引開始後に8%高の6500円(490円高)まで上げて株式分割など調整後の上場来高値を連日更新している。

 新型コロナウイルス肺炎の流行拡大につれ、「クレベリン」の増産などが伝えられているほか、先に発表した四半期決算が好調で、3月31日を基準日とする株式3分割も発表し、分割を好感する相場の面もある。

 このところ日増しに値幅を広げるように騰勢を強めている。市場関係者の中には、テクニカル的には上昇角度が垂直に近づいてきたとして、目先的な過熱感を感じる向きもある様子だが、分割の前に仕込みたい投資家も少なくないようで、慎重論の本音は「買いたい弱気」ではないかと一蹴する向きもある。(HC)
◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:25 | 材料でみる株価