株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2020年02月21日

SIGは調整一巡、21年3月期収益拡大期待

 SIG<4386>(東2)はシステム開発事業を主力として、インフラ・セキュリティサービス事業も展開している。20年3月期第3四半期累計は概ね順調だったが、通期営業減益予想としている。21年3月期の収益拡大を期待したい。株価は反発力が鈍く安値圏だが、調整一巡して出直りを期待したい。

■独立系SIでシステム開発が主力

 独立系SI(システムインテグレータ)である。システム開発事業を主力として、インフラ・セキュリティサービス事業も展開している。システム開発は公共系分野、製造系分野、エネルギー系分野、サービス系分野を主要な事業領域としている。

■20年3月期営業減益予想だが21年3月期収益拡大期待

 20年3月期業績(非連結)予想は、売上高が19年3月期比4.8%増の44億28百万円、営業利益が3.9%減の3億58百万円、経常利益が1.4%増の3億53百万円、純利益が0.8%減の2億53百万円としている。

 第3四半期累計は、売上高が前年同期比6.1%増の31億48百万円、営業利益が1.4%増の2億50百万円だった。システム開発が5.4%増収、インフラ・セキュリティが8.8%増収と堅調に推移し、小幅ながら営業増益だった。

 第3四半期累計の進捗率は売上高71.1%、営業利益70.0%である。概ね順調だったが通期は営業減益予想としている。21年3月期の収益拡大を期待したい。

■株価は調整一巡

 株価(19年6月5日付でJASDAQから東証2部に市場変更)は反発力が鈍く安値圏だが、調整一巡して出直りを期待したい。2月20日の終値は647円、時価総額は約37億円である。

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 04:12 | 株式投資ニュース