株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2020年02月21日

インティメート・マージャーは底打ち、20年9月期大幅増益予想

 インティメート・マージャー<7072>(東マ)はDMP事業を展開している。20年9月期大幅増益予想である。第1四半期の進捗率は低水準だったが、通期ベースで収益拡大を期待したい。株価は急落したが、その後は反発の動きを強めている。IPO後の落ち着きどころを探る段階だが、底打ちした可能性がありそうだ。

■DMP事業を展開

 19年10月東証マザーズに新規上場した。フリークアウト<6094>の連結子会社で、DMP(データマネジメントプラットフォーム)事業を展開している。

 幅広い業種・業界にマーケティング支援、データマネジメント、データアナリティクス、新規事業としての成果報酬型ディスプレイ広告運用サービス、ニーズ検知型企業リスト生成サービスを提供し、国内パブリックDMP市場でシェア1位である。なおベクトル<6058>と合弁で新会社を設立(20年3月予定)する。

■20年9月期大幅増益予想

 20年9月期業績(非連結)予想は、売上高が19年9月期比27.5%増の27億90百万円、営業利益が53.2%増の2億23百万円、経常利益が56.5%増の2億23百万円、純利益が57.8%増の1億52百万円としている。各サービスの導入企業数が順調に伸長して大幅増益予想である。

 第1四半期は売上高が5億25百万円、営業利益が9百万円だった。進捗率は低水準だったが、通期ベースで収益拡大を期待したい。

■株価は底打ち

 株価は決算発表で窓を開けて急落したが、その後は反発の動きを強めている。IPO後の落ち着きどころを探る段階だが、底打ちした可能性がありそうだ。2月20日の終値は2472円、時価総額は約71億円である。
◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 04:26 | 株式投資ニュース