株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2020年03月13日

トーヨーカネツは20年3月期連結業績予想を上方修正

■主力の物流ソリューション事業では、受注および売上高が伸びる

 トーヨーカネツ<6369>(東1)は13日、20年3月期連結業績予想の上方修正を発表した。上方修正の要因は、主力の物流ソリューション事業では、受注および売上高が伸びた一方で、個別案件の進捗管理の徹底により、採算向上を図ることが出来たことと、機械・プラント事業では、依然として厳しい事業環境の中、固定費の削減や経費の見直しを行ったことによる。

 その結果、20年3月期連結業績予想の売上高は前回予想を20億円上回る467億円(前期比3.3%増)、営業利益は5億50百万円上回る23億30百万円(同65.7%増)、経常利益は5億90百万円(同50.8%増)、純利益は4億10百万円上回る17億30百万円(同68.8%増)と上方修正により、大幅増益を見込んでいる。

 株価については、コロナウイルスの影響で、世界の株式市場が急落している影響で、同社の株価も急落し、13日の引け値は1688円(前日比104円安)であった。なお、同日、1612円の年初来安値を付けた。

 コロナウイルスの不安感が無くなれば、好業績企業の見直しが予想される。同社もその中の1社といえる。

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 20:10 | 決算発表記事情報