株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2020年03月23日

【特集】新型コロナウイルス関連株に優先順位、まだまだ再々々アプローチ余地!?

特集 当特集は、新型コロナウイルス関連株に優先順位をつけ、PER、PBR評価で割安な銘柄なら後追いになることはないと再々々アプローチしてみることとした。

■富士フイルム筆頭の治療薬株、検査キット、検査試薬の繊維株など候補株

 割安関連株の代表は、富士フイルムホールディングス<4901>(東1)である。3月17日に中国政府が、子会社の開発したインフルエンザ治療薬「アビガン」の治療効果を確認と発表したことを受けて年初来安値水準からストップ高し、連休前の19日は444円安と急反落、今2020年3月期業績も下方修正されたが、PERは11倍、PBR0.96倍の評価にしか過ぎない。血漿分画製剤開発を発表して株価が急伸した武田薬品工業<4502>(東1)が、今3月期業績を3回も上方修正しながらもなお赤字転落しているのとは対照的となっている。

 厚生労働省から治療薬検討のためにぜんそく薬「シクレソニド」の供給体制確保を要請された帝人<3401>(東1)、すい炎治療薬「ナファモスタット」の有効性が期待されている日医工<4541>(東1)、検査キット開発のクラボウ<3106>(東1)塩野義製薬<4507>(東1)、検査試薬の東洋紡<3101>(東1)医学生物学研究所<4557>(JQS)、さらに大手繊維株のマスク関連の富士紡ホールディングス<3104>(東1)ダイワボウホールディングス<3107>(東1)シキボウ<3109>(東1)なども続く。

■除菌・消毒関連でも東証1部株から新興市場株までバラエティ

 除菌・消毒関連では、先駆株の防護服のアゼアスのほか、大木ヘルスケアホールディングス<3417>(JQS)マナック<4364>(東2)ニイタカ<4465>(東1)昭和化学工業<4990>(東2)アキレス<5142>(東1)、陰圧室の日本空調サービス<4658>(東1)日本エアーテック<6291>(東1)荏原実業<6328>(東1)などが、割安グループ株となる。

 PCR検査受託のビー・エム・エル<4694>(東1)、除菌剤の噴霧器の丸山製作所<6316>(東1)やまびこ<6250>(東1)、体温測定のサーモグラフィのNEC<6701>(東1)チノー<6850>(東1)、ドラッグストア株のカワチ薬品<2664>(東1)ココカラファイン<3098>(東1)サンドラッグ<9989>(東1)なども外せず、そのバラエティな訴求力に期待してマークしたい。

【関連記事情報】
【どう見るこの相場】コロナ・ショック:売り逃げ急騰・急落で戻り売りや乗り替え売りで上値が限定的

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 08:47 | 特集