株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2020年03月25日

アイルは反発の動き、中期成長基調に変化なし

 アイル<3854>(東1)は企業の経営力アップを支援するトータルシステムソリューション企業である。20年7月期大幅増収増益予想である。第2四半期累計は軽減税率対応などの特需も寄与して大幅増益だった。20年7月期下期と21年7月期上期は特需の反動となるが、ストック型商材の積み上げなどで中期成長基調に変化はないだろう。株価は地合い悪化で急落したが、売り一巡して反発の動きを強めている。出直りを期待したい。

■中堅・中小企業向け販売在庫管理システムなどを展開

 中堅・中小企業向けに販売在庫管理システム「アラジンオフィス」や、複数ECサイト一元管理ASPサービス「CROSS MALL」などを開発・提供している。企業の経営力アップを支援するトータルシステムソリューション企業である。

■20年7月期大幅増収増益予想、中期成長基調に変化なし

 20年7月期連結業績予想(12月6日に上方修正)は、売上高が19年7月期比17.3%増の123億42百万円、営業利益が59.7%増の15億19百万円、経常利益が57.9%増の15億36百万円、純利益が62.4%増の10億08百万円としている。なお期初時点で上期(8月〜1月)偏重の計画である。

 第2四半期累計は売上高が前年同期比47.0%増の69億57百万円、営業利益が3.3倍の12億26百万円だった。19年10月の軽減税率対応や20年1月のWindows7サポート終了に伴う特需も寄与して大幅増収増益だった。

 20年7月期下期と21年7月期上期は特需の反動となるが、ストック型商材の積み上げなどで中期成長基調に変化はないだろう。

■株価は反発の動き

 株価(19年11月1日付で株式2分割)は地合い悪化で急落したが、売り一巡して反発の動きを強めている。出直りを期待したい。3月24日の終値は1349円、時価総額は約338億円である。


◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 05:55 | 株式投資ニュース