株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2020年03月25日

エランは反発の動き、20年12月期2桁増収増益・連続増配予想

 エラン<6099>(東1)は、介護医療関連事業として「手ぶらで入院、手ぶらで退院」できるCSセット(入院セット)を展開している。契約施設数・利用者数が増加基調であり、20年12月期2桁増収増益・連続増配予想である。市場開拓余地は大きく、中期的にも収益拡大基調だろう。株価は地合い悪化で急落したが、売り一巡して反発の動きを強めている。出直りを期待したい。

■CSセット(入院セット)を展開

 介護医療関連事業として「手ぶらで入院、手ぶらで退院」できるCSセット(入院セット)を展開している。

 19年12月期末の契約施設(病院・介護老人保健施設等)数は18年12月期末比222施設増加の1362施設、月間利用者数(12月)は3万4895人増加の22万5578人だった。いずれも増加基調である。
 
 認知度向上で入院セット市場は普及期に入ったが、同社のターゲット施設(50床以上)に対する市場開拓率は病院市場12.8%、介護老人保健施設市場5.0%に過ぎず、市場開拓余地は大きい。

■20年12月期2桁増収増益・連続増配予想

 20年12月期連結業績予想は、売上高が19年12月期比14.6%増の246億50百万円、営業利益が15.2%増の17億20百万円、経常利益が15.2%増の17億30百万円、純利益が15.2%増の11億40百万円としている。配当は連続増配予想である。

 契約施設数・利用者数が順調に増加して2桁増収増益予想である。期初時点では保守的な計画とする傾向がある。さらに新型コロナウイルス感染拡大で、病院・介護老人保健施設が見舞いや衣類・日用品の持ち込みを断るケースが増加していることも、CSセット利用拡大につながる可能性がありそうだ。通期予想は上振れ余地があるだろう。市場開拓余地は大きく、中期的にも収益拡大基調だろう。

■株価は反発の動き

 株価は地合い悪化で急落したが、売り一巡して反発の動きを強めている。出直りを期待したい。3月24日の終値は1180円、時価総額は約358億円である。

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 05:57 | 株式投資ニュース