株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2020年03月25日

TOAは反発の動き、21年3月期収益拡大期待

 TOA<6809>(東1)は音響機器事業とセキュリティ機器事業を展開している。20年3月期営業増益予想は下振れに注意が必要だが、21年3月期の収益拡大を期待したい。株価は地合い悪化で急落したが、売り一巡して反発の動きを強めている。出直りを期待したい。

■音響機器事業とセキュリティ機器事業を展開

 業務用放送設備や防災無線などの音響機器事業、監視用テレビ・カメラシステムなどのセキュリティ機器事業を展開している。

■20年3月期下振れ注意、21年3月期収益拡大期待

 20年3月期連結業績予想は、売上高が19年3月期比5.7%増の490億円、営業利益が2.5%増の40億円、経常利益が横ばいの41億円、純利益が2.2%減の24億50百万円としている。

 第3四半期累計は前年同期比3.7%減収で26.3%営業減益だった。アジア・パシフィックが増収増益と堅調だったが、日本が鉄道車両向け案件の納期変更などで伸び悩み、欧州・中東・アフリカ、アメリカ、中国・東アジアは低調だった。

 第3四半期累計の進捗率が低水準のため、通期営業増益予想は下振れに注意が必要だが、21年3月期の収益拡大を期待したい。

■株価は反発の動き

 株価は地合い悪化で急落したが、売り一巡して反発の動きを強めている。出直りを期待したい。3月24日の終値は770円、時価総額は約266億円である。
◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 05:58 | 株式投資ニュース