株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2020年03月26日

USEN−NEXT HOLDINGSは反発の動き、20年8月期営業・経常増益予想

 USEN−NEXT HOLDINGS<9418>(東1)は、音楽配信や店舗ソリューションなどの店舗サービス事業を主力としている。20年8月期営業・経常増益予想である。収益拡大を期待したい。なお株式売り出しが完了して東証1部上場継続となった。株価は地合い悪化で水準を切り下げたが、売り一巡して反発の動きを強めている。出直りを期待したい。

■音楽配信などの店舗サービス事業が主力

 音楽配信や店舗ソリューションなどの店舗サービス事業を主力として、ブロードバンドインターネット回線販売やオフィスICT環境構築などの通信事業、ホテル・病院・ゴルフ場向け業務管理システムや自動精算機などの業務用システム事業、映像配信サービス「U−NEXT」などのコンテンツ配信事業、店舗向け電力・ガス販売などのエネルギー事業、飲食店向け集客サービスや「ヒトサラ」などのメディア事業も展開している。

 成長戦略として「音楽配信のUSEN」から「店舗総合支援サービスのUSEN」へのブランドチェンジを推進している。

■20年8月期営業・経常増益予想

 20年8月期連結業績予想は、売上高が19年8月期比12.1%増の1970億円、営業利益が9.2%増の90億円、経常利益が14.9%増の77億円、純利益が45.6%減の33億円としている。純利益は税効果が一巡して減益だが、各事業が伸長して営業・経常増益予想である。

 第1四半期は、売上高が前年同期比19.3%増の474億46百万円、営業利益が80.9%増の33億22百万円だった。消費増税前の特需も寄与して店舗サービス、通信、業務用システムが好調に推移した。コンテンツ配信は大幅伸長した。エネルギーは赤字縮小した。

 第1四半期の進捗率は売上高24.1%、営業利益36.9%と順調である。通期も収益拡大を期待したい。

■株価は反発の動き

 株価は地合い悪化で水準を切り下げたが、売り一巡して反発の動きを強めている。出直りを期待したい。3月25日の終値は1367円、時価総額は約821億円である。

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 06:08 | 株式投資ニュース