株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2020年03月26日

コプロ・ホールディングスは反発の動き、20年3月期増収増益予想

 コプロ・ホールディングス<7059>(東マ)は建設技術者派遣事業を展開している。20年3月期増収増益予想である。収益拡大を期待したい。なお3月11日に期末配当予想の増額修正を発表している。株価は地合い悪化で安値を更新する展開だったが、売り一巡して反発の動きを強めている。出直りを期待したい。

■建設技術者を中心とした人材派遣事業

 建設技術者を中心とした人材派遣事業を展開している。全国16支店に展開し、建築・土木・設備・プラント・CAD・その他分野でサービスを提供している。

■20年3月期増収増益予想

 20年3月期の連結業績予想は、売上高が19年3月期比21.4%増の131億37百万円、営業利益が11.0%増の14億93百万円、経常利益が11.4%増の14億89百万円、純利益が3.9%増の9億75百万円としている。需要が高水準に推移して増収増益予想である。

 第3四半期累計は売上高が前年同期比20.9%増の95億48百万円、営業利益が12.4%増の11億34百万円だった。そして通期予想に対する進捗率は売上高が72.7%、営業利益が76.0%と順調だった。収益拡大を期待したい。

■株価は売り一巡

 株価は地合い悪化で安値を更新する展開だったが、売り一巡して反発の動きを強めている。出直りを期待したい。3月25日の終値は1731円、時価総額は約87億円である。
◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 06:11 | 株式投資ニュース