スマートフォン解析
IRセミナー
10/25(水)=メディアグループ 三栄建築設計、CRIミドルウェア

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2007年07月11日

アイディーユーはギャップアップ。反発→上昇局面と見たいが・・・

 アイディーユー<8922>(東マ)はギャップアップ。1万円だかの15万2000円で始まり、寄り後は15万6000円まで買われている。
 きのう大引け後に、第3四半期決算と、8月通期業績の一部上方修正を発表した。
 3Q連結決算は、売上高が前年同期比103.3%増の332億3800万円、経常利益が17億1000万円(前年同期は8億2000万円の損失)、純利益は12億0900万円(同6億2800万円の損失)と、大幅な増収増益、黒字転換となった。
 不動産流通の活発化を背景に、積極的な加盟店募集活動、出展促進活動が奏功し、不動産オークション実績の好況につながったため。
 修正は、8月通期の連結・個別の売上高を上方修正。連結で、130億円増額し、480億円とした。
 今年に入ってからのチャートを見ると、続落から、5月につけた上場来安値12万5000円を底に、反発→上昇局面にあると見る。まずは次のフシ18万円ラインまでの戻りが目標となろう。
 ただ、最近、不動産セクターは金利先高感から不振なので、短期で割り切った投資姿勢が無難かもしれない。

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:55 | 株式投資ニュース