株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2020年03月27日

サイバー・バズは底値圏、20年9月期大幅増収増益予想

 サイバー・バズ<7069>(東マ)は、インフルエンサーサービスを主力としてソーシャルメディアマーケティング事業を展開している。20年9月期大幅増収増益予想である。収益拡大を期待したい。株価は地合い悪化で安値を更新した。IPO後の落ち着きどころを探る段階だが、底値圏だろう。売り一巡して反発を期待したい。

■インフルエンサーサービスが主力

 19年9月東証マザーズに新規上場した。デジタルガレージ<4819>の持分法適用会社で、ブログやSNSを活用してネット広告・マーケティングを支援するソーシャルメディアマーケティング事業を展開している。

 サービスは、インスタグラムで化粧品やトイレタリーのマーケティング支援を行うインフルエンサーサービスを主力として、SNSアカウント運用支援、インターネット広告代理販売、および子会社glamfristの広告・ネットマーケティングなども提供している。

■20年9月期大幅増収増益予想

 20年9月期連結業績予想は、売上高が19年9月期比22.2%増の36億円、営業利益が15.3%増の5億円、経常利益が21.5%増の5億円、そして純利益が21.0%増の3億35百万円としている。クライアント数の増加や月額単価の向上などで成長投資を吸収して大幅増収増益予想である。

 第1四半期は売上高が8億56百万円、営業利益が1億64百万円で、進捗率は売上高23.8%、営業利益32.9%と概ね順調だった。通期も収益拡大を期待したい。

■株価は底値圏

 株価は地合い悪化で安値を更新した。IPO後の落ち着きどころを探る段階だが、底値圏だろう。売り一巡して反発を期待したい。3月26日の終値は3405円、時価総額は約126億円である。
◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 06:18 | 株式投資ニュース